2016年07月08日

かおるちゃん。前十字靱帯断裂

前回のブログをアップしたのは6月25日

その後も脚の痛みは続き、じっとして過ごしていた日々


P7010506 (640x480).jpg


全然動いていないのでウトウトするだけでぐっすりと眠れないかおるちゃん


P7010508 (640x480).jpg


6月27日に、ホームドクターの紹介状とレントゲンを持って向かったのは、楓も一度行った事のある


東京大学付属動物医療センター


楓の時は、最終的に診断が下るまで3〜4人のドクターや学生と思われる人に代わる代わるだったけれども、今回は最初に女性のドクターがこれまでの状態を聞き、聴診器を当てたり、脚を動かしたり・・・


その後に行われる検査の説明


検査内容は・・・
ちょっと広い場所で歩いたり、走ったりする行動
関節可動域を調べ、関節エコー、レントゲンと血液、1時間ちょっとの検査でした。


検査が終わると別の担当医が結果の説明


P7010512 (640x480).jpg



P7010510 (640x480).jpg



前十字靱帯断裂


とても丁寧に説明をしてくれました。


そして、すぐ手術の予約を。
その週は、手術がいっぱいだったので次の週で予約をすることに。


かおるちゃん、入院当日


P7040519 (640x480).jpg


たくさんのぬいぐるみから豚をチョイス


P7040522 (640x480).jpg


豚を持って行こうと思ったのですが、ちょっとカピカピしていたので持って行ったのはウサギ


病院の前に車が停められなかったのでそこから大学内を少し歩く事に


P7040527 (640x480).jpg


この日は、暑かったけれども日陰が多い


P7040529 (640x480).jpg


すーちゃんとかおるちゃん


P7040532 (640x480).jpg


P7040535 (640x480).jpg


動物医療センターに到着


P7040539 (640x480).jpg



入院したのは、7月4日
本来なら5日でも良かったのですが、私の仕事の関係で1日早めに入院


手術は、6日

そして、今日夜に退院


長かった5日間

手術の状況、退院してからの生活についてなど夜遅くになってしまったけれどもドクター2人は残ってくれていて、丁寧に説明を受けました。


傷を舐めない事やどのような動きがダメなのか、これから抜糸までは緊張の日々です。


抜糸は、これまた仕事の関係で22日。
その時に再度レントゲンを撮って骨の状態をみるそうです。


家に帰ってきたかおるちゃん


P7080564 (480x640).jpg


すーちゃんは、このカラーがとっても苦手なのでかおるちゃんが帰って来たら玄関から部屋に入って来られずあせあせ(飛び散る汗)


でも、しばらくしてやっと落ち着いた


P7080566 (640x480).jpg



かおるちゃんもカラーで湿っていた顔周りを綺麗にしたのですっきり


P7080568 (640x480).jpg



不便な事がたくさんあるけれども、とりあえず抜糸の日まで3人でがんばろうねわーい(嬉しい顔)



P7080569 (640x480).jpg




にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村



ニックネーム 楓まま at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする